南八ヶ岳縦走(硫黄岳山荘から見上げた冬の星空)

(タ~タカタッタタッタタ…ガッチャマン…)

↑ CM空けに、こんなジングルが流れましたよね。ささきいさおの声で(笑)

※ ここで視聴できますね。ジングルの音(笑) 9曲目です。

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%88ANIMEX-1200シリーズ〉-19-テレビオリジナルBGMコレクション-科学忍者隊ガッチャマン/dp/B0000AVT3K/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1288110458&sr=8-4

<前々回より続く>

「思ったより寒くないな」

完全武装で外に飛び出した自称ガッチャマン…もとい、G2号コンドルのジョー
その正体は上下ダウンなので、コンドルではなく、水鳥ですね。
完全武装してきたこともありますが、拍子抜けするくらい、寒くありません。それほど冷え込んではいないようです。

水鳥といえば…

南斗水鳥拳のレイ(出典:『北斗の拳』武論尊・原哲夫)

格好良かったですね。南斗水鳥拳のレイ。あんまし、強くはありませんでしたけど…。

さてさて。
肝心の夜空は…と申しますと…

満天の星空

冬の星座がプラネタリウムのようによく見えます。

「うまく写真撮れますか?」

近くにいた女性は宿のスタッフ。8月の北岳と違い、今日は彼女の他には人はいません。
その彼女も朝食の仕込があるのでしょう。すぐにいなくなってしまい、残されたのは私一人です。

上の写真でもわかるとおり、すでにわずかに東の空がすでに明るくなってきてしまっています。

時間がないなあ」

目測で撮影時間は30分もありません。
三脚立てて、カメラを装着して、構図を決めて、ピントを合わせて、露出を図って…

ううむ…いろいろ試していてはとても時間が足りません

ピントだけ合わせて、一発勝負! とりあえず、明るくなる前にシャッターを何回切れるか…。何かを考えて、試している時間はありません。なにせ、1回シャッター切ると30秒かかるのが、天体撮影のつらいところ。迷っている時間はありません。

で、

オリオン座しかないなあ」

とまあ、またまた、オリオンに照準を合わせます。

よく考えると、

北斗七星

もよいターゲットだったのですが、この季節・この時刻の北斗七星はまだ登ってきたばっかり。東の空はすぐ明るくなるので、あきらめてしまったのです。しっかし、本当に、よく見えていたんですよね。この日の北斗七星

「今夜は北斗七星がよく見える。そのわきで輝く小さな星までも」

南斗水鳥拳のレイ(出典:『北斗の拳』武論尊・原哲夫)

とでも、つぶやきたくなるほどの美しさでした。ただし、上記漫画とは、向きが逆。登る北斗でしたく(上記漫画では、沈む北斗になっています)。いやあ、もったいないことをしました。こんなブログを書くなら、撮っておくべきでした<m(__)m>

撮影は、安牌のオリオン座。月並みですが、オリオン座。困ったときのオリオン座。北岳でも撮影したオリオン座
しかし、今日は南天のかなり高い位置に登っています。明るい星座だし、ピントも構図も合わせやすい。
なにしろ、時間はありません。東の空はどんどん明るくなります。時は金なり。選択肢は他にはありませんでした。

さて、オリオンを撮影した後、ふと気づきます。

北アルプスがうまく撮れないかな」

と欲が出てきます。
昼間あれだけ西の空に見えていた北アルプスと星空をうまく1枚に収められないだろうかという気持ちがこみ上げてきました。

そのためには、ちょっと歩いて、稜線まででなければなりません。
宿のサンダル、つっかけてきてしまったのですが、そのまま、がんばって稜線へ歩きます。暗いので転ばぬよう、慎重に歩きます。

稜線にて、西の空を見上げてみますと…

「お~ 見えるじゃん、見えるじゃん」

茅野の夜景が手前に、北アルプスが奥に…と、なかなかの構図です。
西の空なので、まだ、時間的にもいけそう…。

で、露出30秒で何枚かがんばって、一番いい奴を、現像して…こんな感じです。

その間、東の空はあっという間に明るくなります。左下(南東)からどんどん明るくなります。

こうなると、もう朝ですね。
天体撮影はこれにて終了。

ううむ。満足とはいえませんが、寝過ごした自分が悪い…自業自得です。
ワインがおいしかったからなあ。しかたありませんね。
お酒か、夜空か。いつも、この二択で苦労してきたのです。曲がりなりにも、両方堪能できた今回は、やはり、ラッキーな部類に入りますね。

というわけで、無事、任務を完了したガッチャマン…もとい、科学忍者隊G2号コンドルのジョーは、再び、深い眠りにつくべく、宿へと戻っていったのです。

広告
カテゴリー: 登山は生涯の趣味 パーマリンク

南八ヶ岳縦走(硫黄岳山荘から見上げた冬の星空) への6件のフィードバック

  1. みねりん より:

    こんばんは。
    星空キレイですね!
    近々、星空撮影にチャレンジ行きたいと思います。

    • 昨日の同窓会のせいで二日酔い気味の日曜日でした…
      コメントありがとうございます。

      寒いですが、私も
      今年もあと1〜2回は写真を撮りにいきたいです〜!!

  2. キキ より:

    まこっちゃんさん、こんにちは!

    わわわ!星の写真、素晴らしいですね♪
    先日御嶽に行った時、前夜泊だったのですが、林道からは中アが、
    駐車場からは御嶽山が、月明かりに照らされてそれはそれは綺麗でした。
    ・・・が、夜の撮影がどうにも出来ない私は何も撮れず全く残念でした。。。
    満点の星も何度も見ているのに、一度も撮ったことがありません。

    まこっちゃんのお写真見て、やはり撮ってみたいと思いました^^
    少し頑張ってみます♪

    • キキさん

      コメントありがとうございます。
      いつも、素敵なお写真と楽しい記事を拝見し、楽しませていただいています。本当に、いろいろなところに行かれていますよね。
      我が家も子供が小さいころ、そうとういろいろなところにいきましたが、ほとんどが、オートキャンプ。山は小学校4年生になってから初めて連れて行ったので。

      キキさんの腕と機材だったら、月夜の御嶽山も満点の星空も撮影可能だと思いますよ。私のように、お酒を飲みすぎて、起きられない…という失敗もなさらないと思いますので。

      また、素敵な旅の話をアップしてください

  3. babo より:

    良いですね、星空の写真
    満天の星空は、いつまで見ていても飽きませんね
    まこっちゃんの写真を見てると、焚き火をしながら
    いつまでも夜空を見上げていたいって衝動に駆られます

    • ありがとうございます。
      ちょっと寝過ごしてしまって…

      もっと暗い空を撮りたかったのですが
      もったいないことをしました笑

      焚き火ですか
      いいですねえ
      焚き火のシーズンですねえ

      再来週、友人たちと焚き火パーティに行って参ります!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中