デスラーはなぜ負けたのか?

「ねえねえ。ブログの『ヤマト編』、おもしろかったよ。これまでの最高傑作。八ヶ岳を超えてるね」

どうやら、うちのかみさんは、『ヤマト編』が気に入ったようです。まあ、ブログのどこにも『ヤマト編』とは書いていないんですがね。手塚治虫の『火の鳥』じゃないですしね。

しかし。
2泊3日夫婦で死に物狂いで頑張った山行の記録が、義妹夫婦(かみさんにとっては実妹夫婦)と私とでちょっこし見にいったレイトショーの邦画の感想に負けるとは…それでいいのでしょうか。

「あたし、おもしろいこと、おもいついちゃったんだよね」

「なに?」

「デスラーが何で死んだかわかる??」

この人は、ガミラスは知らないくせに(ガミラだと思っている)、デスラーは知っているんですね。意外です。

原作では第一作『宇宙戦艦ヤマト』で宿敵ガミラスの総帥・デスラー総統は物語の最後に死んじゃいます(当然ですな)。でも、たいへんな人気キャラだったために、続編では、生き返り、その後も、テレビ化、映画化の度に、ほぼ毎回、デスラーは登場します。
とはいえ、第一作では確かに死んでいますし、今回の実写版でも確かに最後は死んじゃいます。


デスラーが死んだ事自体は、正しい情報なのです。

その理由をうちのかみさんが知っているとは。
ちょっと意外。
というか、「理由」と聞かれると、私もわからない…。
何か、深い意味があるのでしょうか。

「え? わからない。教えてよ」

「あたしは知っているよ」

ニヤニヤしながらかみさんが即答します。

「え? 教えてよ。デスラーはなぜ死んだの?」

「それはね…

『坊やだからさ』」

「…」

それだけあああああああああああああ。

彼女が「オチ」につかった

「坊やだからさ」

は、ファースト・ガンダム(『機動戦士ガンダム』)における敵の指揮官シャア少佐の有名な一言。
物語序盤で、シャアは、学生時代の友人でありながらも父の仇の息子であるガルマ・ザビを忙殺に成功します。

お坊ちゃん育ちゆえのお人好し。シャアに騙され、特攻して果てるガルマ。

しかし、ガルマの死の責任をとらされ、シャア自身も失脚・更迭は免れませんでした。ザビ家の怒りを受け、地方に飛ばされるシャア少佐。

閑職中のシャアはとあるバーで、ガルマの国葬のテレビ中継を目にします。
画面には、ガルマの長兄であるギレン・ザビ。ガルマの死を、国民の戦意高揚に利用するために叫ぶギレン。

「ガルマはなぜ死んだのか?!?!」

この問いかけに対する嘲笑の意味を込めた痛烈な一言(独り言だけどね)が、

「坊やだからさ」

なわけです。

どうやら、彼女としては総統…もとい、相当、自信のあったジョークのようです。

ジョークとしての質は高いか低いかの判断は読者の皆さんにお任せしますが、物の見方としては、あながち、まちがってはいないかもしれません。
ガミラスの総統職が世襲だったかどうかはわかりません。生い立ちその他、デスラーについてはほとんどが不明。どういう経緯で総統になったかは、私も知りません。
でも、もし、世襲制だとしたら、独りよがりに侵略戦争を進め、部下を冷徹に切り捨て、ヤマトを甘く見て、最終的には本土決戦にも破れて、国を滅ぼしてしまったデスラー総統の敗因は、

「お坊ちゃん育ち」

にあったからかもしれないのです。

ちなみにデスラーの使っているグラスはデスラーグラスといいまして、ちょっと前まで売られていました。


話をもとに戻します。

「お坊ちゃん故に負けた」

そうなると、かみさんの気の利かないジョークも、実は正鵠を射たものだったのかもしれません。

ああ…
今日もまたつまらないことを書いてしまった(石川五右衛門風に)。

明日も仕事なので、今日はこれまで。

「立てよ 国民!!」…  それではまた。

広告
カテゴリー: その他, もっと光を! タグ: パーマリンク

デスラーはなぜ負けたのか? への3件のフィードバック

  1. おくさん より:

    ちょっこしみにいったヤマトにまけた。そげですね〜。お母ちゃんももっと頑張らんといけんね。

  2. しんちゃん より:

    デスラー、好きだったな。さらば宇宙戦艦ヤマトで復活して、古代と向かい合うシーン。「好敵手」という曲がなった。デスラー、それはお前だった・・・。このころから勧善懲悪というアニメの世界に揺れが生じた。機動戦士ガンダムでは、赤いすい星シャーが主役のアムロを完全に食ってします。怜悧にして、目的のためには手段を択ばないというヒールの登場。その後、機動戦士ガンダムさんでは主役になった。ときに、「俺は人間ガンダム」というコミックは、大傑作。おススメです。

    • ご無沙汰しています。
      コメントありがとうございます。

      「好敵手」…映画版の挿入歌でしたかね。

      そういえば、映画版は沢田研二が歌を歌っていた記憶があります。

      デスラーとシャア。この二人も「好敵手」ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中