現代に蘇るバッジ・デザイン

一昨日、出張から奥さんが帰ってきました。
朝羽田着の便で帰国。疲れていたようで、帰ってきてからも1日ぐっすり寝ていました。
まるで、レインボーマンの「ヨガの眠り」のようです。

その日のうちに、高校時代の友人K君からメールが届きました。
4月からタイに赴任するというのです。仕事で駐在するとのこと。
彼の仕事内容から考えればいつ海外勤務があっても不思議ではなかったのですが、就職してから20年間国内勤務だったので、友人一同、たいへん驚きました。

「へえ、Kさん、タイなんだ。私、今回仕事ばかりで観光できなかったから、Kさん訪ねていこうよ」

すでにタイ旅行で盛り上がるまこっちゃん家。

すると、友人一同も同じことを考えているようで、この数日間、Kの日程とか予定とかは無視して、

① 壮行会ネタで盛り上がる
② 週末タイ旅行で盛り上がる

という始末。1時間置きにメールが飛び交っています。40過ぎにおっさんたちにしては盛り上がっています。

①はKの日程を考えると無理なようなので、②に関心が集まっています。

この友人メンバー。かつて文化祭で、バッジと風船を売りまくった例の7人です。

そうそう。
そういえば、12月にSの家で催された忘年会では、かつて売ったバッジの話で再び盛り上がり、20数年ぶりに、原画を描いたNに、書きなおしてもらいました。

ううむ。
原哲夫に、『北斗の拳』のイラストを色紙にしてもらったり、永井豪に『デビルマン』のイラスト入りサインをもらう以上に、うれしい一幕。

写真に収めておきました。
家族旅行で欠席だったTにも是非見ていただきたい1枚です。

厳密に言えば、この絵柄は風船ではなくバッジのものだったんだけど、そんなこたあ、どうでもよい。

画伯Nが20数年ぶりに描き下ろしてくれたことに意味があるのです。

いやあ、いい絵ですなああ。

広告
カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中