東日本大震災

出張先の四日市から帰ってきました。
まさか出張中にこのような大災害が起きるとは思いもしませんでした。
東海道新幹線が長期で動かず、東京にしばらく戻れないのではないかという最悪の事態を想定していたのですが、それについては杞憂に終りました。

当初家族はバラバラでした。

● 奥さん 都内にある会社の会議室で一夜を過ごす
● 母 立教大学の講堂で一夜を過ごす(池袋に外出していて被災)
● 娘 夜まで一人で自宅待機 夜中に私の実弟に保護され、実弟の家に宿泊

一番活躍したのは実は娘で東北在住の義父たちとチャットで更新し、いろいろな情報を得て、私たちに流してくれていたのです。
家の中でも危険な鏡はどかし、水や食料を調達し、寝袋を用意し、風呂に水を試し、リュックにナイフその他必要な備品を詰め、我々両親がいつ帰宅しても大丈夫なように冷静に準備しておいてくれました。

それでも東北方面の叔父一家の消息や奥さんの親戚などなかなか安否が確認できず、未だにすべては把握できていません。
被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

幸い、さいたまは今のところ大きな被害はありませんが、輪番停電に備えて、先ほど、水を追加購入してまいりました。
スーパーやコンビニはすでに空っぽだったので、小銭を用いて、娘と自販機をあさり、かみさんには「無印良品」を当たってもらいました。
両方とも大当たり。どちらも水はまだまだ手に入りました。

クーラーボックスも用意しておけば、輪番停電でしばらく冷蔵庫が止まってもなんとか対応できます。

ウォーターキャリーとLEDランタンもクルマから降ろしてまいりました。

今後の見通しが立たないのがつらいですが、ライフラインの確保だけはしっかりとやっておきたいと思います。

皆さんのご無事を心よりお祈りいたします。

広告
カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中