理想の音を求めて⑧

結婚してしばらくたったころ、愛用のsansuiがおかしくなりまして、ヤフオクで代替アンプを購入しました。

ヤフオクではじめて買ったのが、

「SONY TA-F333ESXⅡ」

つまり、学生時代に買えなかったアンプの後継機種です。私が購入したのはかれこれ10年近く前ですが、それでも、発売から15年くらいは経過しており、ちゃんと鳴るか心配でした。
しかし、心配ご無用。よくなってくれました。

で、2年くらいして、ほとんど値段が変わらないなら…ということで、上記333を売っぱらって購入したのが、発売当時333の上位機種であった

「SONY TA-F555ESXⅡ」

です。
荷物が着いてあまりの重さにびっくり。
なんと30キロあります。
ひとりでは持てず、奥さんに手伝ってもらって設置しました。
死ぬかと思うほど重かったです。
その分、音は良かった〜
今は実家で母がCDを聞くのに使っています。「音が良い」と母もお気に入りのアンプです。そりゃあそうですよ。
天下のSONYのフラッグシップ・アンプにして、SONYのESアンプ史上最大の重量を誇る(確か、後継機種はやや軽くなりましたからね)とてつもないアンプですからねえ。
こんなアンプでCDを聞いている70代女性はそうはいないと思います。

さて、お気に入りの「SONY TA-F555ESXⅡ」を処分してしまった理由は、リモコンがない…という点にありました。
テレビ・サイドで日々使用することを考えると、リモコンのないアンプというのはちょっと不便です。
本当は、リモコンのないアンプのほうが音がいいんでしょうが、まあ、ここは妥協。

そこで、「SONY TA-F555ESXⅡ」の3世代くらい後に出た、

「SONY TA-F555ESA」

を購入。これも2万円くらいだったと思います。色は黒ではなく。ゴールド(当時、ヤフオクで購入した、SONYのレーザーディスクプレイヤー「MDP−999」がゴールドだったので、それにそろえました)。
これまた重い。25キロはありますね。
この555シリーズは、「ナナキュッパ」よりもワンランク上のシリーズで、発売当時の定価は128,000円くらいだったと思います。前述したとおり、SONYのプリメイン・アンプのフラッグ・モデルでした。

というわけで、555ESAは、現在も我が家のリビング・ルームの中心に設置されています。

アンバランス形式のアンプが市場から姿を消しつつある現在、SONYのアンバランス・アンプは貴重な存在。
スピーカーはDALIに変更しましたが、アンプは代替機種の予定が立ちませんね。
大切に使うことにいたしましょう。

広告
カテゴリー: その他, 理想の音を求めて タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中