理想の音を求めて⑩

今やCDプレイヤーは、コモディティ(日用品)であり、何の思い入れもなく購入する方が多いのでしょうね。
というより、CDプレイヤーをわざわざ購入する人はほとんどいないでしょう。
パソコンにも、Blurayレコーダーにも、DVDレコーダーにも、CDの再生機能はついています。
ざっと見回しても、我が家にはCDを再生できる装置は、専用のCDプレイヤー以外に、10台くらいありますからね。

また、音楽を聞くのは、iPodやiPhoneが基本であり、CDそのものを使う機会も激減。

時代は変わりました。

それでも、我が家のオーディオ・ラックには、専用のCDプレイヤーが設置されています。このラックの中1つとっても、①レーザーディスク・プレイヤー、②Blurayディスク&ハードディスク・レコーダー、③DVD&ハードディスク・レコーダーその1、④DVD&ハードディスク・レコーダーその2…と専用機以外に4台のCD再生機能を持った機器が入っています。

でも、CDを聞くときは、やっぱり、これですね。

「Sony CDP-777ESA」

これもヤフオクで2万円くらいで購入したものですが、正直、音の良さはわかりません。
他の代替機がありませんので。
スピーカーやアンプのような差があるのかどうか…笑 いつか実験してみたいと思います。

アンプとのデザイン的なコンビネーションで選んだ製品です。

ところで、生まれてはじめて購入したCDプレイヤーは、TEAC製品でしたね。なんという型番だったかなあ。大学1年生くらいのときに購入した、まだ、黎明期の製品ですよね。
長岡鉄男が絶賛していたので、覚えているのですが… 3万円くらいの普及機でした。

それ以降、CDプレイヤーは独身時代、どんな機種を使っていたのか、実は全然覚えていません。
SONY当たりを使っていたのかなあ。不思議と覚えていないものです。アンプやスピーカーと違って、思い入れがないんでしょうね。

広告
カテゴリー: その他, 理想の音を求めて タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中